1件のコメント

超便利!Twitter BootstrapでさくさくWeb開発

新年度です!

新入学、新入社を迎えるみなさん、おめでとうございます。
エンジニアのみなさんがWebアプリケーションを作るとき、一番悩むのはデザインではありませんか?

カッコよくって統一的なデザインがほしい!でもデザインセンスないし…実は私もそうでした。
ですが、2月にメジャーバージョンアップしたTwitter Bootstrapを使うと、簡単にカッコいいサイトが作れます!

Twitter Bootstrapとはなにか

Twitter Bootstrap
CSSのフレームワークです。Web上に使ってみた!スゲー!等、たくさんのドキュメントが存在していますが、中には2月以前のバージョン(v1.4)について言及しているものもありますので、2系を使う方はバージョンの違いに気をつけて下さい(クラス名など結構ガラっと変わっています)。今回ご説明しているのは、Twitter Bootstrap 2についてです。

サイトにTwitter Bootstrapを導入しよう!

一番簡単な導入方法は、CSSをダウンロードして設置するだけです!
公式サイトのデカ白ボタン「Download Bootstrap」をクリックし、zipファイルをダウンロードしましょう。
解凍してできたcss、img、jsのディレクトリごと設置します。

function parseOutputBuffer($buf) {
    global $portal_small_code, $portal_gzcompress;
    global $PHP_SELF, $HTTP_ACCEPT_ENCODING;

    // cleaning out the code.
    if($portal_small_code && !$portal_gzcompress) {
        $buf = str_replace(" ", "", $buf);
        $buf = str_replace("", "", $buf);
        $buf = str_replace(chr(13), "", $buf);
    }
}

レイアウト

Twitter Bootstrapが提供しているレイアウトは、大きくわけて二つです。
固定幅レイアウト:940pxからなる固定幅レイアウトです。
流動幅レイアウト:画面のサイズに併せて流動的なサイズになるレイアウトです。

これらをコンテナと呼びましょう。
コンテナの中に、ボックスを置くようにコンテンツを置きたい場合があります。そこで使うのがgridです。
グリッドは横幅を12個に分割しており、span1〜span12で表します。

Google_Old_Style

Google_Old_Style

Preタグで囲むコード

エンジニアの皆さんなら、ブログにコードを書きたいですよね。
Twitter Bootstrapでも、かっこ良くコードを見せる手法を提供しています。

02038_morningmist_1920x1080

マークダウン

H1

H2

H3

H4

H5
H6

Alternatively, for H1 and H2, an underline-ish style:

Alt-H1

Alt-H2

Emphasis, aka italics, with asterisks or underscores.

Strong emphasis, aka bold, with asterisks or underscores.

Combined emphasis with asterisks and underscores.

Strikethrough uses two tildes. ~~Scratch this.~~

  1. First ordered list item
  2. Another item

* Unordered sub-list.
1. Actual numbers don’t matter, just that it’s a number
1. Ordered sub-list
4. And another item.

You can have properly indented paragraphs within list items. Notice the blank line above, and the leading spaces (at least one, but we’ll use three here to also align the raw Markdown).

To have a line break without a paragraph, you will need to use two trailing spaces.⋅⋅
Note that this line is separate, but within the same paragraph.⋅⋅
(This is contrary to the typical GFM line break behaviour, where trailing spaces are not required.)

  • Unordered list can use asterisks
  • Or minuses
  • Or pluses

I’m an inline-style link

I’m an inline-style link with title

I’m a reference-style link

I’m a relative reference to a repository file

You can use numbers for reference-style link definitions

Or leave it empty and use the link text itself

Some text to show that the reference links can follow later.

Here’s our logo (hover to see the title text):

Inline-style:
alt text

Reference-style:
alt text

Inline code has back-ticks around it.

var s = "JavaScript syntax highlighting";
alert(s);
s = "Python syntax highlighting"
print s
No language indicated, so no syntax highlighting.
But let's throw in a <b>tag</b>.

Colons can be used to align columns.

Tables Are Cool
col 3 is right-aligned $1600
col 2 is centered $12
zebra stripes are neat $1

The outer pipes (|) are optional, and you don’t need to make the raw Markdown line up prettily. You can also use inline Markdown.

Markdown Less Pretty
Still renders nicely
1 2 3

Blockquotes are very handy in email to emulate reply text.
This line is part of the same quote.

Quote break.

This is a very long line that will still be quoted properly when it wraps. Oh boy let’s keep writing to make sure this is long enough to actually wrap for everyone. Oh, you can put Markdown into a blockquote.

<dl>
<dt>Definition list</dt>
<dd>Is something people use sometimes.</dd>

<dt>Markdown in HTML</dt>
<dd>Does not work very well. Use HTML <em>tags</em>.</dd>
</dl>

Three or more…


Hyphens


Asterisks


Underscores

Here’s a line for us to start with.

This line is separated from the one above by two newlines, so it will be a separate paragraph.

This line is also a separate paragraph, but…
This line is only separated by a single newline, so it’s a separate line in the same paragraph.

タイトルはこれできまり

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。

しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。掌の上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始であろう。

New Standardは本格的なブログのためのWordPressテーマです。アクセスを伸ばしたり、収益を上げたいブロガーのことを考えて作られています。

一歩上のブログへ

New Standardはシンプルでありながら普通のブログよりも高級感を与えるデザインになっています。このデザインに価値ある記事をあわせれば、あなたのブログは一歩上のブログとしてユーザーから認識されるでしょう。

ユーザーを逃さない

New Standardは記事下のウィジェットエリアや固定サイドバーを備えています。ここに人気投稿や注目投稿を表示すれば、ユーザーの滞在時間を延ばすことができるでしょう。またFacebookを表示することでファンを増やすこともできるでしょう。

柔軟な広告配置

New Standardは広告配置を念頭にレイアウトされています。サイドバーの横幅は336pxと、レクタングル(大)を配置するのにぴったりなサイズです。また投稿一覧・ブログ・固定ページの前後にもウィジェットエリアがあるため、柔軟な広告配置が可能です。